新築エアコン工事のよくある質問

お客さまからいただく質問の中でも多く寄せられるものを載せさせていただいています。

(1)新築でなくても工事してもらえますか?
承ります。安心してお任せ下さいませ。
(2)東京・埼玉エリア外なのですが。
詳しくはこちらの記事をご覧下さいませ。
(3)新築マンションなのですが工事してもらえますか?
承ります。安心してお任せ下さいませ。
マンションのエアコン工事は戸建てと比べ工事が細かく複雑になるケースが多く、作業時間も倍以上かかることがあるのが特徴です。また、エアコンの排水方法などにつきましてはマンション規定に定められている場合がございますので予めご確認下さいませ。
(4)隠蔽配管の戸建て/マンションなのですが工事してもらえますか?
承ります。安心してお任せ下さいませ。
(5)電話でも見積もりできますか?
お電話でも概算のお見積もりは出来ます。
建物の構造や、エアコン室内機・室外機の置き場所、近隣の状況によって見積もり額は変わりますのでご注意下さい。
立面図・図面をメールやFAXでお送りして頂ければ詳細なお見積もりを出すことが出来ます。
(6)現地見積もりは必要ですか?
現地見積もりはほぼ実際の金額となります。概算でしたらメールでも大丈夫です。
ひとりとして同じ温冷感の人がいないように、一軒として同じ性能のご新築はございません。
断熱性や気密性、立地や間取りによって住宅の個性は様々ですので、実際にご新築を拝見させて頂けますと、詳細な使用部材を選定できますので明確な料金をお知らせすることが出来ます。
(7)旧家にあるエアコンを新居に取り付けてもらえますか?
エアコンの移設工事も承ります。(→詳しくはこちら
但し、製造日から6年くらいまでのエアコンのみ承ります。6~7年以上経過したエアコンは部品が製造中止となっており、機種によってはプラスチック部分が性質上経年劣化で非常にもろくなりますので、外しただけでヒビが入ったり割れてしまうことがございます。そのため、機種や状態によっては保証ができないためお断りさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。
なお、3年以上お使いのエアコンはご新居で快適にご使用頂けるよう「オーバーホール:分解クリーニング」をお勧めいたします。
豆知識
エアコン移設の際、引っ越し屋さんなどのエアコン下請け業者さんは、銅や真鍮製の高価な部材はコスト節約のために再利用するのが一般的ですが、銅や真鍮製の部材は非常に繊細にできているため基本的に再利用してはいけません。
錆びて劣化した部材を使用すると故障のリスクが上がるからです。エアコンの配管接続口から1~2日でガスがすべて漏れてしまうことがございますが、数年をかけて徐々にガス漏れすることもございます。
そのため、配管の接続ミスが原因にもかかわらず寿命と勘違いし、まだまだ使用できるエアコンを交換してしまうお客さまがいらっしゃいます。
そのようなことがないよう新築専門エアコン職人では古くなった「配管接続部の金属ナット」や「配管」の再利用はいたしません。
(8)事前にハウスメーカーで穴をあけてもらった方がいいですか?
なるべくエアコン工事の際に穴あけしましょう。
ハウスメーカー様による穴あけの多くが非効率であったり、穴が小さすぎたり大きすぎたりします。事前に穴をあけてしまうとそこにしか取り付けができません。機種によっては寸法が大きいものもございますので、その場合は機種変更するか穴をあけなおさないと設置不可な場合もございます。
豆知識
基本的にハウスメーカー様や設計士の方であってもエアコン工事については詳しくはございません。
そのため、図面通りのエアコン位置では取り付けに無理があったり、外観、エアコン効率が悪くなる場合が驚くほどございます。
よくある事例として以下のようなことがございます。
(1)エアコン専用コンセントの位置が不適切
→外観やエアコン効率が非常に悪くなる場合がございます。室内機の設置位置に合わせて専用コンセントを変更する必要がございます。
(2)室外機を置く場所が狭すぎる。
→狭いスペースに室外機を設置すると風が抜けず運転が停止したり故障の原因となりますので、「風向調整板」を取り付け、もしくは設置場所を変更する必要がございます。
新築エアコン工事はとにかく直しのきかないファースト工事がとても大切です。上記のような失敗をしないためにも、一度図面が出来上がった段階でエアコンの設置位置や容量選定などのご相談をして頂けますと、事前にハウスメーカー様と協力して色々と創意工夫ができますので、失敗もなく効率的にエアコン工事ができます。
(9)エアコンもそちらで買えますか?
はい、全メーカーお買い上げ頂けます。
量販店やネットショップより安い時期もございます。
量販店で実物をご覧頂き、ご希望のメーカーや機種が決まりましたら型番を弊社にお知らせ下さい。
※新築専門エアコン職人にてご購入して頂いたエアコンにつきましては傷・凹みなどの商品保証させて頂きます。
豆知識
エアコンの価格が高い時期は新型が発売される4〜5月頃になります。
安くなる時期は最初が7月、次に11月です。
最安になるのは12~1月頃になりますが欠品になる場合がございます。
欠品になった機種は新型が発売されるまで購入が難しくなります。
購入するタイミングによっては定価の半額以下になりますので、その差額で工事代がまかなえる場合がございます。
安い時期にエアコンを購入し、弊社の「無料保管サービス」のご利用をオススメいたします。
エアコン購入に関してのページはこちら
(10)ネットショップで購入したエアコンも工事できますか?
もちろん承ります。
ネットショップでお買い上げになったエアコンも工事可能です。
お買い上げになったエアコンを弊社に送って頂ければ倉庫にて大切に保管し、工事当日にお持ちいたします。
「無料保管サービス」はあくまでもお客様の利便性をお手伝いさせて頂くサービスです。
工事の際に開梱し、損傷していたり「初期不良」があった場合の「保証」はいたしかねますので予めご了承下さい。
ネットショップでご購入したエアコンは小傷や凹みがある場合が日常茶飯事です。どうしても気になるお客様は新築専門エアコン職人にてエアコンをご購入して頂くか、ご自分で保管して頂くことを強くお勧めいたします。
豆知識
購入したエアコンを旧家に保管すると思いのほか邪魔になったり、想像以上にエアコンが大きくご自分での運搬が非常に難しくなる場合がございます。
また、エアコン工事予定日に配達が間に合わず、工事ができなくなってしまうこともございます。特に夏場は一ヶ月以上も先の工事になってしまうこともございますのでくれぐれもお気をつけ下さいませ。
(11)発泡ウレタン処理は必ずやった方がいいですか?
いいえ。お家によってはできない場合もございます
「他業者さんに、発泡ウレタン処理は必ずやった方がいいと言われたのですが…。」と、お客様から頻繁にお問い合わせを頂きます。基本的に、発泡ウレタン気密処理は外壁構造に合わせて適切に施工しなければ全く効果がございません。そのため、お家によっては発泡ウレタン処理できない場合も多々ございます。やる必要がないにも関わらずオプション工事として勧める業者さんがいらっしゃるようですが、「必ずやった方がいい」とおっしゃるのは、同業者からみて悪徳業者だと言わざるを得ませんのでくれぐれもお気を付け下さい。
(12)引っ越しの日は決まってるけどエアコンはいつ頃付ければいいの?
なるべく引っ越し当日はおさけ下さい。
荷物の搬入が重なってしまったり、大きな荷物がございますと作業ができなくなる場合がございます。お客様も荷物の片付けなどでお互いに気を使ってしまうことになりますので引っ越しとエアコン工事は別の方が効率的です。
鍵の引き渡しのご都合もございますが、引っ越し当時までにエアコン工事を済ませておくと、快適に引っ越しの片づけができるため一石二鳥です。
(13)図面は出来ていて、これから家を建てるのですが、色々と相談してもらえますか?
一番理想的です。
図面の段階から密な打ち合わせをして頂けますとお客様のご要望に沿った最善工事が可能となります。
新築工事10,000件の経験によって培われたプロ目線、主婦目線から適切にご提案・アドバイスさせて頂きますので経済的・効率的に工事をして頂けます。とくに事前のご来社相談がオススメです。詳しくはこちら!
豆知識
  • ・お客様のライフスタイル(寝室・LDKなど)に合わせた設置位置
  • ・お部屋の間取りに対して適切なエアコン容量選定(※意外と奥が深く難しいため、失敗が多いです!)
  • ・エアコン専用コンセントの位置(※非常に大切です!)
  • ・お隣にご迷惑の掛からない室外機位置(※特に都内狭小住宅は要注意)
など、ご提案・アドバイスさせて頂きます。
(14)三階建て新築なのですが、室外機の置き場に困ってます。
三階建てご新築は「配管長」に気を付けましょう。
エアコンは機種それぞれに配管長が決まっています。エアコンの血液であるガスがメーカー規定量を下回ると機能が十分に発揮されず、コンプレッサーに高い負荷が掛かり故障や寿命が短くなってしまいます。
配管が長くなるような場合には、適切な配管長のエアコン選定が必要となります。「配管長」は量販店さんの方でも知っている方が少なく、当日お客様のご用意されたエアコンでは設置できないこともございますのでお気を付け下さい。
三階建ての場合は前もって下見にお伺いさせて頂き、室外機の設置場所や間取りに合ったエアコンを選定する必要がございますので、事前にご相談頂けますと幸いです。
(15)注文住宅なので、とにかく穴あけ工事が心配です。
機能性住宅やこだわりの注文住宅でも安心してお任せ下さい。
ZEHや省エネ住宅などの機能性住宅は従来のお家とは構造が異なり、日々進化発展しています。
新築専門エアコン職人では建物の気密性・断熱性といった建物本来の機能性を損なわない工事をすべく日夜研究を重ねております。
新築エアコン工事につきましては業界トップクラスをほこりますので安心してお任せ下さいませ。
注文住宅は建売と比べイレギュラーなものが多く、手抜き工事や施工ミスの温床となりやすいのでお気を付け下さい。
ちまたでは間違った説明や施工を平然と行う業者さんがいらっしゃいます。ご新築は千差万別、「これだけやっていれば安心です」といった工事はございませんのでくれぐれもお気を付け下さい。
豆知識
魔法瓶に一ミリでも穴があいたらどうなるでしょう。気密性・断熱性は一瞬にして台無しとなり、使い物にならなくなります。機能性住宅に穴をあけるということはこれと同じようなものです。穴をあけてもきちんと処理をすればお家の気密性・断熱性は損なわれません。しかし、ふたを開けてみるとまったく間違った施工がされていることの方が多く、実は手抜き工事や施工ミスである場合が驚くほどございます。穴あけ工事、詳しくはこちらをご覧下さい。
(16)以前、安い工事料金の業者さんに手抜き工事をされてしまいました。エアコン職人さんで取り付けし直してもらうことは可能でしょうか?
お任せ下さい。できる限りお住まいの機能性を最大限復活させる工事をさせて頂きます!
ご新築のエアコン工事はとにかく直しのきかないファースト工事が非常に大切です。
古いお家の修繕に比べ「まっさらなご新築」の修復の方が何倍も時間や費用が掛かるからです。
手直しとなるとエアコンから配管まですべてを取り外し、修復・修繕しながら取り付けし直していかなければなりません。※一度取り外した配管などは使用できませんのですべて新しいものに取り替える必要がございます。
豆知識
安さにつられ量販店でエアコンと取り付け工事を一緒にお願いしたところ、筋交いや柱に穴をあけられてしまったとご相談を下さるお客様が驚くほどいらっしゃいます。
工事人の身勝手な判断によって何千何億とするご新築の保証はなくなってしまいます。
これは「100%エアコンを取り付けした工事人の責任」なのですが、真夏の猛暑の中で工事人から「ここはここにしか取り付けできませんけどどうしますか?」と言われてしまえば、よほどのことがない限りお客様は「仕方ないならそれでお願いします。」と返答せざるを得ず、泣く泣く工事を了承してしまうケースがございます。しかし、筋交いや柱を抜かないとエアコン工事ができないということは絶対にございません。「安物買いの銭失い」にならぬようくれぐれもお気をつけ下さい。
(17)エアコンと一緒に、ついでにシーリングライトは取り付けてくれますか?意外に取り付けが難しくて…
お引っ越し前に照明の設置を済ませておくと安心です!
エアコン工事と一緒にシーリングライトも設置させて頂きますのでご用命下さい!
お手持ちのシーリングライト1台までは取り付け工事完全無料です!(但し2m40cmの天井まで)
2台目からは1000円/台です。
※吹き抜け天井、シャンデリア、組み立てが必要なシーリングライトは別途お見積もりになります。
豆知識
引っ越しの際に困らぬようご参考下さい。
  • 1.「リビングのシーリングライトを忘れてて、あわてて自分で取り付けようとしたら部屋が暗くて苦労しました。」
  • 2.「引越し先で照明器具の取り付けをまったく考えていなかったので、数日間間接照明だけで生活しました。」
新築専門エアコン職人でも照明器具の販売・取付可能です。おしゃれなシーリングライトは意外に取り付けが難しかったり専用器具が必要だったりします。取り付け予定の照明がございましたらエアコン工事と一緒に取り付けすることをおすすめいたします。
(18)エアコンの調子が悪いのでメーカーに点検依頼しました。メーカー料金は保証に入りますか?
大変申し訳ございませんがお客様で直接メーカー点検・修理をご依頼された料金につきましては保証致しかねますので予めご了承下さいませ。
エアコン工事後に「冷えない」「暖まらない」「水漏れがする」等の不具合が起きた際は、まず弊社にご連絡を下さるようお願い申し上げます。早急にご対応させて頂きます。
(19)工事保証期間の延長は可能ですか?
お客様からのご要望にお答えし、保証期間の延長を承らせて頂いております。詳しくは料金メニューをご覧下さい。
(20)都内狭小住宅の新築を買いました。ロープで体を吊りながらエアコン工事をする業者さんに見積もりに来て頂いたのですが、お家に傷をつけられそうで心配です。エアコン職人さんも狭小住宅では同じような工事をするのでしょうか。
新築専門エアコン職人ではロープで体を吊るなどしてエアコン工事を行うことは絶対にいたしません。
「ご新築とお客様が安心して末永くエアコンをご使用できること」を一番に考えるのであれば、よほどのことがない限りそのような工事はおすすめいたしません。
そもそもエアコンはいつか必ず寿命で壊れる消耗品です。エアコンを交換する際、最初の業者さんと連絡が取れなかった場合、次に担当するエアコン業者さんが困ってしまうため、結局はお客様が困ってしまうことになるのです。(※工事をしたエアコン業者さんと連絡が取れなくなってしまうケースがございますのでくれぐれもお気を付け下さい。)
また、初期不良や何かトラブルでメーカー依頼しなければならない場合、担当の方は点検すらできないでしょう。それが赤ちゃんやお年寄りのいらっしゃる真夏だったらどうでしょうか。
本当にお客様の幸せを考えた工事をするのであれば、メーカーの方や他の業者さんでもメンテナンスや工事がやりやすいよう配慮して施工するのが「本物の工事」であると強く信じております。
お客様のライフスタイルやご新築に適った工事をするには、専門知識、技術、経験のすべてが揃って初めてできることなのです。
楽器を本格的に習ったことのある人なら誰しも聞いたことがあると思いますが、「下手な人ほどテクニックに走る」ということわざがあります。裏を返せば、体を吊らないとエアコン工事ができないということでもあります。
新築専門エアコン職人ではお客様のライフスタイルやご新築に合わせて、エアコンの容量、設置場所、将来のエアコン交換までトータルに考えてご提案させて頂きますので安心してお任せ下さいませ。
(21)都内狭小住宅に住んでいます。お隣の方から室外機の風について苦情を言われたのですが…。
「風向調整板」で室外機の風向きを変えることができます。
豆知識
風向調整板の有効活用例
1. 植物に風を当てたくない
2. ベランダで洗濯物を干す時
3. 室外機の設置スペースがせまい
→設置スペースが狭すぎると風が抜けず故障の原因となる場合がございます。
4. お隣に風を送りたくない。
(22)これから都内狭小住宅にエアコンを付けたいのですが…。
都内はお家が密集しているため、室外機の風によるトラブルに気を付けなければなりません。
都内はお家が密集しているため、室外機の風によるトラブルに要注意です。時代のせいでしょうか、ご近所付き合いのあった昔に比べ、最近はお隣とのトラブル関係によるご相談が多くなったぁと感じます。お話をお聞きしてみると一方的で理不尽であったり、中には第三者に仲裁してもらわないと解決困難の場合もあるようです。
狭小住宅の場合、作業スペースが非常に狭くなるため工事の難易度も格段と上がるのが特徴です。工事の際はお隣の敷地をお借りしなければならないことも多く、工事前のご挨拶やコミュニケーションがとても大切です。以前には、事前にお隣の方に許可を頂いていたにも関わらず工事当日になって敷地に入る使用料を要求されたこともございました。私たちも当日はお隣の方にご挨拶に伺いますが留守であることがございます。そのためお客様による事前挨拶も非常に大切です。
豆知識
特に気を付けなければならないのは「古いお家が密集しているご新築」に引っ越す場合です。
最初のご挨拶周りは今後の生活を左右すると言っても過言でないくらい大切ですので、くれぐれもお気を付け下さい。
どうしてもゴミ捨てや町内会などのお付き合いがあるため、引っ越しの最初につまずくとその後が非常に気まずくなるそうです。
(23)配管とか排水ホースを再利用するのって良くないのですか?
配管や排水ホースの再利用はできます。設備業界では常識です。
一般的にマンションやビルなどは壁内部にエアコン用の配管や排水ホースが組み込まれているため、何十年にも渡って再利用し続けます。戸建はコスト面から外付けのエアコンが主流ですが、お家によっては外観を考慮してマンションのように隠ぺい式もございます。(時代によっては隠ぺい式が流行ったこともございます。)最近注目された床下エアコンというものがございますが、このようなイレギュラーなエアコンでさえ配管等を再利用できるよう施工されています。
豆知識
お風呂の排水管の中ってご覧になったこと、ございますか?はい。驚愕するほど汚れています。
キッチンや洗面台の排水管の中は?おっしゃる通り、カビだらけです。
例を挙げたらきりがないですが、基本的に水の流れる場所は必ず汚れています。
けれど、リフォームの際に排水管が汚れているからといってわざわざ新しいものに交換する人って、よほどのことがない限りいらっしゃらないですよね?
だって、もともと何十年も利用できるようになっているんですから。汚れたまま放置して、命に関わるようなら国やメーカーで法律や基準が設けられるはずです。
テレビのCMは汚い写真で不安を煽り購買意欲をかきたてる典型的な商業主義なのだそうです。以前、専門家の方とお話する機会がございましたが、その方いわく「掃除しても取り替えてもあまり意味ないです。すぐに元通りになります。」とおっしゃっておりました。。。確かに、冷静に考えてみればそうですよね。。。
エアコンの配管や排水ホースも同じことです。配管が汚れているから、排水ホースの内部が汚れていて良くありませんから新しいものに交換しましょうというのは、いかがなものでしょう。
新築専門エアコン職人では、お家によっては将来のエアコン交換を考え部材を再利用できるよう施工いたします。エアコン交換時は本体を交換するだけで済みますので安心です。
(24)ベランダの排水は塩ビ管が良いのですか?
ベランダやコンクリの場合にはホースではなく塩ビ管による排水をオススメいたします。
エアコンを使用の際には必ず水が出ます。メーカー指定の方法で排水してもなんら問題はございません。
しかし、エアコンから排水される水は水道水と異なり、カビや菌が多く含まれているため水垢・コケ・カビといった汚れが付きやすくなります。
そこで耐久性のよい塩化ビニル製パイプで排水溝まで直接水を流してやるのです。こうするとエアコンの排水によってベランダやコンクリが汚れることがございません。
また、かなりの量の水が流れるため、ベランダで洗濯物を干しているときなど水溜まりがストレスになる方もいらっしゃいます。以上のようなことからベランダやコンクリには塩ビ管を使用した排水をお勧めしております。
(25)引っ越しの際、一度に全てのお部屋にエアコンを取り付けした方がいいですか?
リビングや寝室などの必要なお部屋だけに設置し、あまりエアコンを使用しないお部屋はエアコンが安くなる11月〜12月頃に設置するのが賢明です。
あまり使用しないお部屋のエアコンをしばらく経って使ってみたら「初期不良だった」ということがございます。
エアコン保証はどのメーカーさんも室内機で一年、室外機で五年ですので、初期不良なのに「保証期限が切れてしまっていた」ということになりかねません。
もちろん、あえて複数回に分けて設置する必要はございませんが、新築専門エアコン職人ではお客様のご予算やご都合、価格が変動する季節に合わせてご提案、コーディネートが可能です。
「設置する場所の寸法が限られているのでこの機種を付けたい!」という場合でも、「別の機種でも代替え可能な上、別機種の方がインターネットで安く入手でき、その差額分で工事代が浮いた!」となる事例も沢山あります。
エアコンの購入・設置は奥が深く、賢く段取りを組めばエアコン代・工事代をかなり節約することができます。中には、量販店さんでリビング用エアコンを38万円で購入しようとしてたところ、ネットで15万円代で購入できたというお客様もいらっしゃるほどです。
一番理想なのは、図面が出来上がった段階でエアコンの設置位置や機種選定などのご相談をして頂けますと、ハウスメーカー様と協力して色々と創意工夫できますので、購入から工事まで効率的・経済的にエアコンを設置することができます。
(26)エアコンは200Vより100Vの方が電気代は安いですか?
電気代はどちらもあまり変わりませんが、200Vの方が快適にご使用頂けます。
実は100Vも200Vも消費電力は同じなため、電気代はさほど変わりません。しかし、パワフルな200Vの方が設定温度まで早く到達するため、使用時間は200Vの方が短くなります。仮にエアコンが10,000時間と寿命があるとして考えると、200Vの方が長く使用できることになります。
(27)200Vのエアコンを設置した場合、ブレーカーが落ちやすくなるのではと心配です…。
ご家族が三人以上なら40〜50Aあると安心です。
ご家族が3人なら最低40Aは欲しいところです。
(28)新築ログハウスも工事できますか?
ログハウスの工事も承ります。安心してお任せ下さいませ。
(29)床下エアコンの取り付けはできますか?
床下エアコンの工事も承ります。安心してお任せ下さいませ。
(30)外構工事前でもエアコン工事できますか?
承ります。 お客様の中にはお引越し後に外構工事をする方もいらっしゃいます。新築専門エアコン職人では外構工事前のエアコン工事につきましては室外機の下にブロックや防草シートを敷き、外構を考慮した工事をさせて頂きますので安心してお任せ下さいませ。
豆知識
外構工事は砂利の種類や量によっては地面がかなり高くなりますので、そのまま室外機を設置してしまうと、外構工事の際に非常に困ってしまいますのでくれぐれもお気を付け下さい。
詳しくはこちらをご覧下さい。
(31)エアコンからポコポコと音がします。
エアコンから聞こえるポコポコ音は気圧差によるものです。
高気密住宅、特にマンションは構造上気密性が非常に高いため特に気をつけなければいけません。マンションの工事の際には「ポコポコ音」を防止するために「エアカットバルブ」というものを使用します。
(32)ハウスメーカーに足場のあるうちにエアコン工事した方がいいと言われたのですが、工事できますか。
承ります。 「三階建て」や「住宅が密集していてる狭小住宅」といったエアコン工事困難な場合、足場があるうちにエアコンの位置を決め、配管工事(先行工事)を済ませておくことが非常に大切です。
足場が取れ、お家完成後にあらためて室内機と室外機を取り付けるといったように、二段階に分けて工事を行います。
※ハウスメーカー様によっては、お家が完成し、鍵を引き渡すまでは他業者の出入りを許可しないことがございます。そのような場合には弊社にて先行工事は出来かねますので予めご了承下さい。
豆知識

Case1:足場も時に必要

都内狭小住宅でよくあるのは、いざお家が完成し、図面通りにエアコンを設置しようとも改めて足場を組み直さないとエアコン工事ができないということです。

エアコンの設置方法を工夫して工事ができる場合もございますが、最悪は足場を組まなければ工事はできません。

以前お客様から頂いたご相談は、「『どんなエアコンでも100%取り付けできます!』とうたっている業者さんに依頼して見積もりに来てもらったら、ものすごく高かったんです…。」というものです。

詳しくお話をお伺いしてみると、工事内容もむちゃくちゃなもので、たしかに「そのようにやればエアコン工事はできるけど、あまりにもデメリットが多すぎるのでは…?」と思う内容でした。

せっかくのご新築にボコボコ穴をあけるのと、足場を組んでなるべくお家に負担のない施工するのとでは雲泥の差です。

強引に工事をすれば業者さん側に儲けはでますが、長い目で見るとお客様やお家にとっては決してよろしくはございませんのでくれぐれもお気をつけ下さい。

魔法瓶に一ミリでも穴があいたらどうでしょう。繊細なご新築にたかがエアコン一台を取り付けたがために、何千万円にも値する価値や機能性を失うことになりかねません。

Case2:将来のエアコン交換

三階建て狭小住宅でエアコンを交換する際、足場を組み直さなければ設置できないことがございます。

足場があるうちにハウスメーカー様にエアコンを取り付けしてもらったため、エアコン交換時のことなどお客様ご自身考えられないのは当然です。

しかし、実はこのようなことは驚くほどよくあるんです。特に都内狭小住宅にお住いの方は要注意です。何年かしてお隣に新しいお家やマンションなどが経つ可能性があるからです。 こうなると、足場を組まなければエアコン設置は困難になる可能性があるのです。

新築専門エアコン職人では「エアコン機種選定」から「将来のエアコン交換」までのことをトータルに考えてご提案・コーディネートさせて頂いております。※基本的に将来のエアコン交換を考えて工事をすれば足場がなくとも交換可能となります。

(33)HEMS(ヘムス)対応でしょうか。
HEMSのご新築も承ります。安心してお任せ下さいませ。
※HEMS対応の部品が別途必要となります。
(34)結露?水漏れ?水しぶきが飛ぶのですが。
詳しくはこちらの記事をご覧下さいませ。
(35)室外機から電源をとる『室外電源タイプのエアコン』でも取り付けできますか?
安心してお任せ下さいませ。
但し、『室外電源タイプのエアコン』を取り付けの際には室外機の設置場所付近に専用回路(外部コンセント)を増設する必要がございます。(※外部コンセントがある場合には必要ございません。)
豆知識

エアコン専用コンセントの位置によっては室内機取り付け位置が非常に不効率となる場合がございます。
(※詳しくはこちらの記事をご覧下さい。)
そのような場合には『室外電源タイプのエアコン』で解決できる場合がございます。『室外電源タイプのエアコン』は室内のコンセントは不要ですので、お客様ご希望の位置に室内機を設置できるのです。

(36)室外機の二段置き金具って?
適切な場所で室外機を二段置きにすると、スペースを有効活用でき、かつ見栄えもよくなるため一石二鳥となる場合がございます。狭小住宅などで室外機の設置にお悩みのお客様はお気軽にご相談下さい。

[メリット]
1. スペースを節約できる。
例1. 狭いバルコニーを広く使いたい場合。
例2. 駐車スペースを広く使いたい場合。
例3. 外観上、室外機を横に並べたくない。
2. 配管・化粧カバーなどの延長をせずに済む。

[デメリット]
1. 機種によっては、高さがでる。
例. うるさら室外機2台。(うるさらの室外機はとても大きいです!)
(37)三階建て狭小住宅、他業者さんにエアコン工事を断られたのですが…。
エアコンの血管とも言える「配管」は加工が想像以上に難しく、少しでも力加減を間違えると配管が潰れて使い物にならなくなります。
最後の最後に誤って潰してしまうと、配管を改めて繋ぎ直し、最悪の場合、室内機も取り外さなければなりません。
三階建てとなると配管も非常に長くなりますので、その分リスクも高まります。
狭小住宅のエアコン工事はハシゴが急勾配になり、ただでさえ難しい配管加工がより難しくなる上、化粧カバーの取り付けやコーキング処理も行わなければなりませんので高い技術が要求されるのです。
時間も標準工事の倍以上かかるため、一日何件も工事を抱える下請け業者さんにとっては非常に都合が悪く、中には三階建て狭小住宅のエアコン工事を断ってしまう業者さんがいらっしゃるです。

ご相談・お見積りは無料。お電話またはメールにてお問い合わせください

TEL 042-391-2220

(月〜土 9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

24時間受付(2営業日以内に返信)